ホーム > 新聞記事にみるつくばみらい&TX&合併 > 合併H17.1-3
新聞記事にみる合併
平成16年10-12月 1月,2月 平成17年4-6月  一覧
平成17年 1月〜3月
茨城新聞・常陽新聞・読売新聞<茨城版>より
日付 誌名 連載・コーナー名 見出し 本文概要
2005/03/29 茨城 23    「つくばみらい」に異議 伊奈 新市名考える集会地域の歴史反映せず  「つくばみらい市」の名称に異を唱える両町の住民らが、町中央公民館で「新市名を考える集会」を開いた。
2005/03/29 茨城 24  市町村合併  新3「市」知事に申請 来年3月27日につくばみらい市 伊奈、谷和原村  今年8月に合併する神栖町と波崎町、来年3月に合併する伊奈町と谷和原村、同じく笠間市、友部町、岩間町の各首長が、県庁を訪れ、橋本昌知事に合併申請書を提出した。
2005/03/29 常陽 3    神栖・波崎、伊奈・谷和原、笠間・友部・岩間 3地域が合併申請  神栖町・波崎町、伊奈町・谷和原村、笠間市・友部町・岩間町の3地域の市町村長は、橋本昌知事に合併申請書を提出した。来年3月の市町村数は44市町村となる。
2005/03/29 読売 34    3市が申請提出  来年3月までに合併して誕生する「神栖」「笠間」「つくばみらい」3市の関係市町村長が橋本知事を訪れ、それぞれ合併申請書を提出した。
2005/03/28 常陽 11    「つくばみらい」市に異議 伊奈・谷和原 ふさわしい新市名を 住民有志が「考える集い」  伊奈町と谷和原村の住民有志が、町中央公民館で合併後の新市名を考える集いを開き、合併後の新市名はどうあるべきかを考えた。代替案として、谷原、小貝、河内、真幡が提案された。
2005/03/28 読売 36    合併新市名「住民が見つけて」 「つくばみらい」異議唱える集会  「つくばみらい市」の市名を考える集会が町立公民館で開かれ、異議を唱える住民ら主催、約30人が参加した。
2005/03/27 読売 34  市町村合併  「つくばみらい市」名称に異議あり  伊奈町と谷和原村が合併して誕生する「つくばみらい市」の新市名に異議を唱える住民らが町立公民館で「新市名を考える集会」を開く。
2005/03/25 常陽 2    水海道と石下も申請  遠藤利水海道市長と飯塚富雄石下町長は、橋本昌知事に対し、合併を申請した。法定協設立から2ヶ月のスピード申請。
2005/03/25 常陽 11    「つくばみらい市」はワースト1? 「もっとふさわしい名前が・・・」27日に「新市名を考える集会」  伊奈町と谷和原村の合併による「つくばみらい市」にはもっとふさわしい名称があるのではないか−と、両町村の有志が「新市名を考える集会」を開く。
2005/03/23 茨城 20  市町村合併  合併関連4議案可決 伊奈、谷和原28日県に申請  伊奈、谷和原両町村合併で、両町村議会は本会議で、合併関連4議案をいずれも賛成多数で可決した。これを受け28日に橋本知事へ申請する。
2005/03/23 読売 34  市町村合併  つくばみらい市 今月28日に申請  伊奈町と谷和原村の合併で両町村議会は、合併関連議案をそれぞれ賛成多数で可決した。「つくばみらい市」は、人口4万1117人、面積79.14平方キロとなる。
2005/03/18 茨城 1    「つくばみらい市」調印 伊奈・谷和原合併 来年3月27日誕生  伊奈町と谷和原村の合併協定調印式がきらくやまふれあいの丘で開かれ、飯島町長と鈴木村長が合併協定書に署名、調印した。
2005/03/18 常陽 2    伊奈、谷和原が合併調印 合併協設置から38日目 つくばみらい市へ  伊奈町と谷和原村の合併協定調印式が町内で開かれ、橋本知事が立ち会う中、飯島町長と鈴木村長が合併協定書に調印した。
2005/03/18 読売 32    合併協定に調印 伊奈町と谷和原村 「TX開業に期待」  「つくばみらい市」を目指し伊奈町と谷和原村が新設合併する協定の調印式が伊奈町のきらくやまふれあいの丘で行われた。
2005/03/15 茨城 20    特例債事業86億円 伊奈・谷和原合併協 都計道路などに充当  伊奈、谷和原両町村の第4回合併協議会が村公民館で開かれ、合併特例債による主要事業などを決めた。新市は合併特例債を86億1000万円発行。
2005/03/15 読売 34  市町村合併 「つくばみらい市」 来年3月27日発足 あさって協定調印  「つくばみらい市」を目指す伊奈町と谷和原村の法定合併協議会が村公民館で開かれ、新市建設計画を改めて可決し、すべての協議を終えた。
2005/03/13 常陽 1     水海道 石下が合併調印 協議会設立1カ月半 「駆け込み」の懸念潜在  【解説】伊奈、谷和原の三市町村合併を進めていた水海道市。何のために合併するのか、どのようなまちをつくるのか、住民の理解を得ることがこれから求められている。(鈴木宏子)
2005/03/07 茨城 18  市町村議会  【伊奈町】  定例町議会が開会し、約73億9880万円の2005年度一般会計当初予算案など議案21件、報告1件、請願2件を審議する予定。合併関連議案は協定書に調印次第、追加提案される予定。
2005/03/01 常陽 2  交差点  ひらがなは「つくば市」ブランド!  つくば市民から「つくばみらい市」に対し、「ひらがなの『つくば』はつくば市のブランド」「市長はなぜ抗議しないのか」などの意見が、同市に寄せられているという。伊奈町や谷和原村、同合併事務局にも電話やメールが約80件寄せられている。
2005/02/27 茨城 20    前納報奨金廃止へ 伊奈・谷和原合併協  第三回合併協議会が伊奈町のきらくやまふれあいの丘で開かれ、事務事業の調整案などを協議した。
2005/02/27 読売 36    「つくばみらい市」建設計画決める 合併協議会  新設合併で「つくばみらい市」を目指す伊奈町と谷和原村の合併協議会が、伊奈町内で行われ、10年後を見据えた新市建設計画などを決めた。
2005/02/20 茨城 1    伊奈・谷和原合併 新市名「つくばみらい」 事務所位置は伊奈町役場  伊奈、谷和原両町村の第二回合併協議会が、村公民館で開かれ、新市名称をTX駅名などにちなんだ「つくばみらい市」、事務所位置を伊奈町役場と決めた。
2005/02/20 読売 36  市町村合併  伊奈・谷和原新市名は つくばみらい市 法定協で意見二分 一時「ジャンケンで」  伊奈町と谷和原村の法定合併協議会が村公民館で開かれ、一時はジャンケンやくじ引きで決める案なども出され、小田原評定の末、谷和原側の主張が通った。
2005/02/19 茨城 23    谷和原村長を書類送検 村議選で現金配る「20年前からの慣例」  2003年の谷和原村議選で鈴木亮寛村長(59)が立候補者に現金各1万円を配っていた問題で、水海道署と県警捜査二課は、公選法違反(寄付行為の禁止)の疑いで、鈴木亮寛村長を水戸地検土浦支部に書類送検した。
2005/02/19 読売 34    村議選で18万円配る 谷和原村長 書類送検  水海道署と県警捜査二課は、鈴木亮寛谷和原村長(59)を公職選挙法違反(公職候補者などの寄付の禁止)の疑いで、水戸地検土浦支部に書類送検した。
2005/02/17 常陽 1    議員定数28に 水海道・石下合併協 在任特例を適用  水海道市と石下町の第三回法定合併協議会が開かれ、新市の議員の定数を28人とし、任期は07年4月末までとすることで可決した。また、新市の町名の前に「水海道」は付け、石下は付けないこととした。
2005/02/10 読売 34    在任特例で議会膨張 10市町で25億割高 議員報酬 合併市町村の議員の扱いと在任特例の費用  県内で昨年以降合併した6市町と、今後合併予定の4新市について、余計にかかる議員報酬の費用が約25億円に上ることが分かった。
 伊奈町・谷和原村 新市町名未定 特例定数32 法定数・特例後定数20-22 在任特例などで多くかかる費用(万円)未定
2005/02/09 常陽 1    新市建設計画を可決 石下町庁舎建て替えへ 水海道との合併協  水海道市と石下町の第2回法定合併協議会が水海道市内で開かれ、石下町庁舎の建て替えを含む新市建設計画が可決された。調整区画の線引き問題は合併後も現行通りで可決した。
2005/02/08 茨城 1    伊奈・谷和原 合併は来年3月27日 新設、事務所は分庁方式  伊奈、谷和原両町村合併で、第1回法定合併協議会が開かれ、合併方式を新設、合併の期日を2006年3月27日、事務所は分庁方式を基本に位置の協議を進めること、などを確認した。
2005/02/08 常陽 1    伊奈・谷和原合併協を設置 来年3月27日新設へ  合併特例法期限内の合併を目指し、伊奈町、谷和原村二町村の法定合併協議会が設置された。基本四項目のうち、合併方式は新設合併、期日は来年3月27日と決まった。
2005/02/08 読売 34    伊奈と谷和原 来年3月27日合併  伊奈町と谷和原村の第一回法定合併協議会が、町内で行われ、方式は新設で合併期日は2006年3月27日とすることを決めた。
2005/02/03 読売 34  試される自治 茨城の大合併 検証 1  駆け込み 合従連衡、将来像後回し  南の水海道と、北の石下。合併申請に向け協議を急ぐが、課題は山積している。「駆け込み」による合併は吉と出るか。今後の協議、そして新市の運営が問われる。(竹井陽平、森健一)
2005/02/02 茨城 20  市町村合併  法定協設置を可決 伊奈・谷和原2町村議会 7日に調印、協議  伊奈、谷和原の二町村合併で、両町村議会は、臨時会を開き、法定合併協議会の規約案と予算案をいずれも賛成多数などで可決した。事務局は伊奈町中央公民館に置く。
2005/02/02 常陽 10    合併協設置議案を可決 伊奈・谷和原両町村議会 7日、委員は21人  伊奈町、谷和原村二町村の合併問題で、両町村の臨時議会が開かれ、いずれも法定合併協議会の設置議案を賛成多数で可決した。会長は飯島善町長が務め、事務局は伊奈町中央公民館内に設置する。
2005/02/01 常陽 1  紫音    守谷市の会田真一市長は「常総市の名称は将来の(常総広域)合併時に使えば良かったのに」という。
2005/01/31 常陽 11    駆け込みに歓迎と批判、伊奈、谷和原で合併住民懇談会  急きょ特例法期限内合併を決めた伊奈町と谷和原村でそれぞれ住民説明会と懇談会が開かれ、飯島伊奈町長と鈴木谷和原村長は、国からの交付金や補助金削減による財政難を訴え、住民に理解を求めた。
2005/01/31 読売 30    水海道市など 合併協解散の3市町村で住民説明会  合併協議会が解散した水海道と伊奈町、谷和原で、合併についての住民説明会がそれぞれ開かれ、町村長らが合併の必要性を訴えた。
2005/01/29 茨城 20  市町村合併  水海道市の脱会承認 伊奈町 谷和原村「常総市」使用に抗議 3市町村合併協  水海道、伊奈、谷和原三市町村の第12回合併協議会が、谷和原村の公民館で開かれ、水海道市の脱会を承認した。
2005/01/29 茨城 20  市町村合併  議員定数20で合意 任期、在任特例使い延長 伊奈・谷和原両町村議会  伊奈、谷和原の町村合併で、両町村議会の第2回合同会議が伊奈町役場で開かれ、新市の議員定数を20、両町村の現職議員の任期は在任特例で2008年2月末まで延長、新市の議員報酬は現在のまま据え置くことで基本合意した。
2005/01/29 茨城 20  市町村合併  基本4項目を正式決定 水海道市・石下町合併協  特例法期限内の市町合併を目指す水海道市・石下町法定合併協議会の初会合が水海道市役所内で開かれ、基本四項目を、先に両首長、議長間で取り交わしていた確認書通り決めた。
2005/01/29 常陽 2    合併協解散を決定 水海道の離脱に批判相次ぐ 水海道・伊奈・谷和原3市町村    水海道市の合併協離脱を受け、三市町村の第12回法定合併協議会で、合併協の解散が決まった。伊奈、谷和原の委員からは「信義に反する」など批判が相次いだ。
2005/01/29 常陽 2    基本4項目を可決 水海道・石下第1回合併協  水海道、石下町の第1回合併協議会が水海道市役所で開かれ、基本四項目について事前合意通り、全会一致で可決した。
2005/01/29 読売 30  市町村合併  「常総」しこり 水海道 石下と法定協初会合 伊奈、谷和原から抗議  水海道市と石下町の法定合併協議会の初会合が市役所で開かれ、合併の基本四項目を決めた。新市名については、伊奈、谷和原の両町村長が遠藤水海道市長に講義の質問状を送っていた。
2005/01/29 読売 30  市町村合併  水海道との法定協 解散を正式決定    水海道市、伊奈町、谷和原村の法定合併協議会が開かれ、解散を正式に決めた。「振り出しに戻った気持ちで谷和原村との合併を進めたい」と飯島伊奈町長。
2005/01/25 常陽 1    水海道と石下 2市町法定協を設置 来年1月合併へ協議急ぐ  水海道市と石下町は、正式に法定合併協議会を設立した。3月下旬には県知事への申請を目指す。
2005/01/25 読売 34  市町村合併  水海道、石下法定協設立  水海道市と石下町の合併で、両市町の臨時議会が法定合併協議会の設置議案をともに可決し、市役所で法定協の設立式が行われた。
2005/01/24 茨城 18  リポート2005  駆け込み「その先」は 石下と合併目指す水海道 期限迫り、首長主導 石下町民へは「事後報告」  水海道市は伊奈町、谷和原村との三市町村法定合併協議会から離脱し、新たに石下町との合併を目指すことになった。タイムリミットぎりぎりで方向転換した合併は順調に進むのか。(取手龍ヶ崎支局・島田真太郎)
2005/01/22 茨城 20  市町村合併  方式「新設」で合意 伊奈、谷和原期日は来年3月末  伊奈町と谷和原村の合併で両町村議会の合同会議が町商工会館で開かれ、合併基本四項目のうち合併方式を「新設」、期日を来年3月末までとすることで基本合意した。
2005/01/22 常陽 1      伊奈・谷和原来年3月新設合併へ 両町村議会が初の合同会議  伊奈町と谷和原村の合併問題で、両町村議会の合同会議が伊奈町内で開かれ、合併基本四項目について協議があり、来年3月末日に対等合併することで合意した。
2005/01/22 読売 30  市町村合併  来年3月末の新設合併で合意 伊奈町・谷和原村議会  伊奈町と谷和原村の合併で、両町村議会は、@方式は新設A期日は2006年3月末とすることで合意した。
2005/01/21 茨城 1     水海道・石下 新市名称「常総市」 伊奈・谷和原 新設、期限内を確認  特例法期限内の合併を目指す水海道市と石下町は、合併の期日を来年1月1日、名称を「常総(じょうそう)市」とすることなど、合併基本4項目について合意した。 伊奈、谷和原両町村も方式を「新設」、期日を来年3月末までとすることなどを確認した。
2005/01/21 常陽 1     新市名は「常総市」 石下町が水海道市に編入 両議会で基本4項目了承  水海道市と石下町の両議会でそれぞれ合併政策特別委員会と全員協議会が開かれ、両市町の合併について、基本4項目(@方式は編入A新市名称は常総市B期日は2006年1月1日C市役所の位置は水海道市役所)を事前合意することを了承した。
2005/01/21 常陽 1    特例期限内合併目指す  飯塚富雄石下町長は「互譲の精神で、二市町が地域一体となって合併を推進したい」とし、新市名「常総市」についても「ふさわしい」と述べた。
2005/01/21 常陽 1    伊奈・谷和原 新設合併で合意  二町村による合併協議を進めることを決めた飯島伊奈町長と鈴木谷和原村長は、初の首長会談を開き、新設合併方式で特例法期限内の合併を目指すことで合意した。
2005/01/21 読売 26    編入で「常総市」 水海道・石下方針  水海道市、石下町両市町議会は、それぞれ合併政策特別委員会と全員協議会を開き、@方式は編入A市役所は水海道市役所B新市名は常総C期日は2006年1月1日、と決めた。
2005/01/20 茨城 20  知事会見  市町村合併 一体化進めるのが大事  (TX)みらい平駅で降りたとき、2つの町村に分かれているよりあの地域(伊奈・谷和原)だけでもまとまっているだけでも意味がある。
2005/01/20 茨城 20  市町村合併  伊奈町議会 谷和原と合併協設置同意 3月までの申請目指す  伊奈、谷和原との合併協議会から水海道市が離脱したのを受け、伊奈町議会の合併調査特別委員会はが、谷和原村との法定合併協議会設立に賛成多数で同意した。特例法期限内に知事への合併申請を目指す。
2005/01/20 茨城 20    24日に合併協設置提案 水海道市 石下町 初会合は28日予定  特例法期限内の合併を目指す水海道市と石下町は、今後のスケジュールを発表した。
2005/01/20 茨城 20  記者手帳  30万都市目指し再スタート  TX沿線の伊奈・谷和原丘陵部開発で多額の負担が見込まれ、行政の効率化は急務。「二町村合併でレールを引きたい」と飯島町長が抱負。
2005/01/20 常陽 1    谷和原村と合併協議へ 伊奈町  伊奈町議会合併調査特別委員会が開かれ、水海道市が合併協議会を離脱した後の方向性について、谷和原村と二町村で合併協議を進めていくことを決めた。2月上旬に合併協議会を設立。
2005/01/20 読売 34  市町村合併  法定協設置24日に議決へ 水海道市と石下町   水海道市は、石下町との特例法期限内の合併申請に向けた今後の予定を決めた。初会合は1月28日、調印は3月12日、3月24日に知事に申請する。
2005/01/20 読売 34  市町村合併  相次ぐ申請に知事が歓迎の意向  伊奈町、谷和原村との枠組みから離脱した水海道市が、急きょ石下町と組むなど、合併特例法適用期限を前に、県内で駆け込み合併申請を目指す動きが相次いでいる。
2005/01/19 茨城 20  市町村合併  谷和原村長 「伊奈町と進めたい」 村議会は大筋で了承  水海道市の離脱を受け、谷和原村議会の合併推進特別委員会は、鈴木村長の「村単独は厳しい。伊奈町と合併を進めたい」とする意向を大筋で了承した。
2005/01/19 茨城 20  市町村合併  伊奈、谷和原に脱会届 水海道 30日に市民懇談会  新たに石下町との二市町の枠組みによる合併推進を決めた水海道市は、伊奈、谷和原両町村に対し、正式に文書で合併協からの離脱を伝えた。
2005/01/19 常陽 2     伊奈と2町村合併へ 水海道離脱で議会特別委 谷和原村  谷和原村議会合併調査特別委員会が開かれ、水海道市が法定合併協議会から離脱したことを受け、今後は伊奈町と二町村による合併を進めていくことを決めた。
2005/01/19 常陽 2    水海道市長が脱会届 3市町村合併協は解散へ  遠藤水海道市長は、三市町村合併協の鈴木会長に対し、文書で脱会を通知した。
2005/01/18 茨城 1    水海道市 石下町と合併へ 伊奈、谷和原から離脱  伊奈、谷和原との三市町村合併を進めていた水海道市は、懇談会での市民の意向と市議会合併政策特別委員会の決定を受け、三市町村の法定合併協議会から離脱し、新たに石下町との二市町の枠組みによる合併推進を決めた。
2005/01/18 茨城 1    解説 新庁舎めぐりしこり 市民の声も判断材料に  水海道市離脱の原因は新市庁舎の位置をめぐる問題。谷和原村の要望を水海道市が飲んだにもかかわらず、当面、市役所を活用すべきとの主張を受け入れられなかったことが決定的なしこりとなった。(取手龍ヶ崎支局・島田真太郎)
2005/01/18 茨城 20  市町村合併  水海道が3市町村合併離脱 伊奈・谷和原 2町村で合併へ 両町村長が意向を表明  水海道市の離脱を受け、飯島伊奈町長と鈴木谷和原村長は、TX沿線開発「伊奈・谷和原丘陵部」(275ヘクタール、人口計画16000人)の受け皿として、両町村で合併を進める意向を示した。
2005/01/18 茨城 20  記者手帳  大人が守れなくてどうする  「新市に既存名称を使わない」を破り、破局させた小倉下妻市長に対し、飯塚石下町長は「大人は子どもに約束を守りなさいという。その大人が守れなくてどうする」と静かに怒りをこみ上げた。
2005/01/18 常陽 1    水海道市、法定協を離脱 石下町と合併協議へ 伊奈、谷和原は2町村で  遠藤利水海道市長は、住民懇談会の意向調査結果と、市議会の意向踏まえ、法定合併協議会を離脱することを決めた。今後は石下町からの合併申し入れを受け、協議に入る。
2005/01/18 常陽 1    水海道市、法定協を離脱 「裏切られた気持ち」 谷和原村長  鈴木谷和原村長は水海道市の離脱決定に対し「事務所の位置で壊れるのはふに落ちない。非常に残念だ」と話した。また、「TX伊奈・谷和原の丘陵部開発という大きな事業があり、成功させるためには二町村でやらざるを得ないと思っている」
2005/01/18 常陽 1    水海道市、法定協を離脱 合併に向け歩み出す 水海道市長ら石下町長に報告  遠藤水海道市長と五木田議長は石下町役場を訪れ、飯塚町長と中島議長に合併特別委員会の結果を報告し、特例法期限内に二市町合併を目指すことを記者会見で明らかにした。
2005/01/18 読売 34  市町村合併  水海道市 「常総市」離脱表明 石下と期限内申請目指す  水海道市の遠藤利市長は、「常総市」となる伊奈町、谷和原村との三市町村法定合併協議会から離脱し、石下町と特例法期限までの合併申請に向けて協議を開始すると発表した。
2005/01/18 読売 34    「離脱を」市民懇で強硬論 水海道 新市役所位置に反発  水海道市は、伊奈町、谷和原村との合併に関する市民懇談会を開き、約550人が参加した。
2005/01/18 読売 34    期限内申請 石下、水海道に申し入れ  飯塚石下町長と中島町議会議長が、水海道市役所を訪れ、遠藤市長に文書で、特例法期限内の合併申請を申し入れていた。
2005/01/17 茨城 24  市町村合併  水海道市 石下町と合併へ公算大 懇談会 現行枠組みに不満噴出  水海道、伊奈、谷和原三市町村の合併協議で、水海道市の合併に関する懇談会が水海道市民会館で開かれた。参加者からは現行の枠組みについて不満が相次いだ。
2005/01/17 常陽 1    伊奈、谷和原と「合併協、離脱すべき」 水海道 住民懇で強行意見続出  水海道市は市民会館で住民懇談会を開催。市民から「三市町村の合併協議会を離脱すべき」などの意見が相次いだ。遠藤市長は、石下町から正式に合併の申し入れがあったことも明らかにした。
2005/01/15 茨城 1     石下との合併検討へ 伊奈、谷和原から離脱も あす市民懇談会開催 水海道市  伊奈、谷和原との三市町村合併を進めている水海道市は、市民懇談会の結果次第で三市町村の法定合併協議会を離脱し、新たに石下町との二市町の枠組みによる合併を検討する方針を固めた。
2005/01/10 茨城 14  リポート2005  「常総市」の成否握る懇談会 水海道・伊奈・谷和原合併協 庁舎位置などめぐり溝  水海道、伊奈、谷和原三市町村の協議は、新市「常総市」事務所位置などをめぐり、水海道市が住民懇談会を開き、協議継続か合併見送りかを判断することになった。(土浦支社・鈴木信竹)
2005/01/08 常陽 1    下妻・千代川との合併はノー 新たな枠組み模索 石下町議会  石下町議会は、下妻市と千代川村の合併枠組みには加わらず、新たな枠組みで合併を模索することを確認した。
2005/01/07 茨城 20  市町村合併  水海道市 庁舎問題で懇談会開催へ 2町村との合併 推進・離脱の判断材料 区長や班長に意見求める 16日  水海道、伊奈、谷和原三市町村の法定合併協議会で庁舎の位置が谷和原村役場に決まった問題で、水海道市は1000人規模の市民との懇談会を開くことを決めた。
2005/01/01 茨城 3/
1
 県内地図一変 進む「平成の大合併」  さらに17新市町誕生へ  ■合併協議中の市町村一覧■ 水海道市、伊奈町、谷和原村→常総市 合併期日06年3月まで 新市の人口約8万2500人 合併市町村・合併協議会設置地域(2004.12.1現在)地図
2005/01/01 常陽 13  「平成の大合併」いよいよ大詰め  17地域、44市町村で協議 市町村地図に大きな変化 ぎりぎりまで可能性追求  合併市町村・合併協議会設置地域地図 県内の市町村合併の動き(2004.12.22現在)一覧
2005/01/01 常陽 15  続々と新市町が誕生 一方で混迷、破局も  県南地域 新生・土浦市へ最後の詰め 龍ヶ崎・利根 法定協が休止  水海道、伊奈、谷和原の三市町村は、06年3月間での合併を目指して法定協を設置。新市名称などは合意したが、庁舎の位置などをめぐって綱引きが続く。 TX開通で脚光を浴びる守谷市は当面単独の方針。「将来的には水海道などとの常総広域の合併が必要」と認識。
2005/01/01 常陽 15  続々と新市町が誕生 一方で混迷、破局も  県南  【常総市】06年3月までに、水海道、伊奈、谷和原が対等合併。事務所の位置は谷和原村役場。
つくばみらい市ホームページ つくばみらい市立図書館トップページ 

「前へ戻る」 
Copyright 2006 City of Tsukubamirai. All rights reserved.
本サイトに掲載の文書・写真・図表などの著作権は、つくばみらい市または原著作者に帰属します。これらの無断転載を禁止します。